2016年10月9日(日) 仙台PIT
ツアーファイナル、仙台PIT公演のレポートを出演者の声とともにお届けする。

全5公演の最終日、このイベントへの感慨深さと最後もやってやるという意気込みとが入り混じった楽屋、どんなことが起こるのか隅々まで見落とせない!という期待と興奮の会場、色々な想いをのせて、仙台PIT公演の幕が開いた。

トップバッターはAKi。のっけから会場をPARTY ZOOにする。パフォーマンスは圧巻で、会場を一気に盛り上げる。AKiバンドの一体感が、繊細で激しい曲たちをより妖艶に染めていく。また、セクシーなベースラインで観客のハートをつかむ。「ジウ」では、MUCCのミヤが登場し、重厚さを増したサウンドで、華を添えた。11月16日にリリースされる「STORY」で盛り上がりは最高潮へ。ラストの「The Inside War」でKenが登場。コーラス、ギターソロで会場を沸かし、AKiからのキスでさらに大歓声。「やばい。ちょー楽しい」というAKiの言葉通り、会場に笑顔が溢れていた。






「トップバッターとしてやらさせていただきました!こんな楽しくてめちゃアツい素晴らしいイベントに呼んでもらえて感謝です!Kenさんありがとうございます!また必ずやりたいな!みんなもありがとう!!」(AKi)

Zepp DiverCity公演に続き2回目の登場のMade in Asia。先週の公演以来、超絶サウンドと激しいパフォーマンスがSNSで広まっている。まるで体の一部のように思いのままに奏でるDuranのギターサウンドは、フロアにいる観客の体を自然と揺らす。Maryneのクールながらに芯のあるベースとShihoの豪快なドラミングと三位一体となり、観客を圧倒。「High Spirit」ではKenが登場。DuranとKenのギターの掛け合いは、ギター少年のごとく心から純粋に音を楽しんでいた。





「昔から大好きなKenさんと、大好きなメンバーと、ステキな共演者の方々、あったかいお客さんに囲まれ楽しかった!だから音楽、LIVEはやめられない。
Kenさん、共演者の方々、私達のステージを見てくれたみなさん、ありがとうございました。
これからもMade in Asia 走り続ける。よろしくね!PARTY ZOO 最高!!」(Shiho)


続いての<Deeply Entwining Session>は、「I❤B-T」と名付けられた、Vo: 逹瑯、Gt:ミヤ、圭、Ba: AKi、Dr: KENZO という布陣のBUCK-TICKカバーセッション。逹瑯はフードを目深にかぶりミステリアスに登場。
「PARTY ZOOの中でBUCK-TICK好きを集めました」(AKi)、「色んなセッションの中で一番リハが楽だった」(逹瑯)というように、出演メンバーの体に染み込んだ楽曲たちを完璧に披露。メンバーのDeepなルーツを覗き見る。「スピード」でフロアを沸かせ、「ミウ」をしっとり聞かせ、「I❤B-T」改め「We❤B-T」は颯爽とステージをあとにした。


続いては、BAROQUE。
全公演出演、5回目の登場となり、観客との距離が近く感じる。メンバーがPARTY ZOOのライヴをHOMEと感じ、観客もまた同じ想いでBAROQUEを迎え入れていて、そこには楽曲を通して信頼関係に似た何かが生まれていた。10月26日にリリースが決まった「G I R L」では楽曲プロデュースも手掛けたKenも登場。圭がつまびくメロディにKenが寄り添い、暖かな空間を作り出す。歌詞を届けようと心をこめて歌う怜にKenもコーラスで参加。キラキラと艶めく圭のギターが重なり、幸福感に満ちたままこの日のステージを締めくくった。





「PARTY ZOOついに全公演が終了してしまいました。
オーディエンス、アーティスト、スタッフ、全てが最高だと言えるイベントでした!
それぞれのアーティストに対してのリスペクトがあるからこそ自分達の強みや自分達らしさとは何か?という事が常に問われるツアーでもありました。
俺達BAROQUEとしてもきっと今回のイベントがターニングポイントになったんじゃないかと言える位沢山の経験をさせて貰いました。
観に来てくれた、関わってくれた皆さんありがとうございました。
そしてそしてイベントを作り上げ俺達を誘ってくれたKenさんに本当に感謝です!」(圭)

続いては、MUCC。
「終わりを始めようか」の逹瑯の一言で観客も臨戦態勢。全会場で響かせた、これでもかというMUCCの強さをこの日もそのまま見せつけた。9月にリリースされた「CLASSIC」、次々と展開していく轟音とメタルサウンドの「KILLEЯ」を同次元で演奏していくのがその強さの一つだろう。その「KILLEЯ」のギターソロではKenが登場。ミヤと向かい合いツインギターを奏でると、Kenの後ろにYUKKE、その後ろに逹瑯が並び、さらに4人の奥ではSATOちがその様子を見て微笑んでいる。そんな和やかな光景にとびきりの笑顔の観客。「蘭鋳」では佑聖(AKiサポートギター)も参加し、恒例の全員を座らせてからのジャンプを5人とフロア全員とでキメた。ラストの「TONIGHT」ではAKiが登場し、曲後半にはKenがステージの熱さを感じたギターソロで奏でる。会場の温度を上げきって、この日、このイベントPARTY ZOO 2016のトリを飾った。






「良い事務所です。
良い世代です。
先輩ありがとうございました!!」(ミヤ)

<Ken Entwines Naughty stars>と銘打たれた最後のセッションでは、幕が開くとKenがセンターに。KENZOのドラミングで歓声があがる。S.O.A.P.の「high!」をAKiとDuranそしてKenの3人が弾きながら歌い、一気に会場のボルテージが上がる。そして「the Fourth Avenue Café」、「Pretty girl」のL’Arc~en~Cielの2曲を逹瑯と怜が歌い上げた。AKi園長は、この日5回目のステージ!
仙台公演全メンバーがステージに勢揃いすると、このイベントのために作られたオリジナルソング「PARTY ZOO」を全員が奏で、大合唱。途中、サプライズ登場したSakuraが持ってきたシャンパンで乾杯し、動物の鳴きまねでコール&レスポンス。
出演者の笑顔と会場の笑顔がかさなっていく。
曲の最後のコーラスが終わると、もう少し楽しみたいフロアを見た逹瑯が、「KENZOも前に出たいよな。あれ、ドラムが空きましたよ、Kenさん」とKenに微笑む。最後はKenのドラムに合わせ、Naughty Stars全員でフィナーレを締めくくった。「ありがとねー!」というKenの言葉とともに、PARTY ZOO 2016は幕を閉じた。





「もうね、やりたい事が多すぎてなかなかまとめるのがこれでもすごく大変だった!(笑)
出演者みんなのサポートもありいい形で締めくくれたんじゃないかと思います!みんなの楽しそうな顔がとても嬉しかったです!ありがとう!」(AKi)


「PARTY ZOO 2016みんなのいい顔がみれてはしゃいで感動した一か月でした。ありがとう! 」(Ken)


SET LIST 【AKi】 1. HEADZ UP
2. FREAK SHOW
3. ミッドナイト/狂騒/DARLING:
4. FAIRY DUST
5. ジウ (with ミヤ)
6. STORY
7. libido
8. The Inside War (with Ken)

【Made in Asia】 SECRET

<Deeply Entwining Session>
【I❤B-T】
1. Ash-ra
2. スピード
3. ミウ
Vocal : 逹瑯
Guitar : ミヤ, 圭
Bass : AKi
Drums : KENZO


【BAROQUE】 1. 湿度
2. ガリロン
3. SWALLOW THE NIGHT
4. MEMENTO
5. DREAMSCAPE
6. PLANETARY LIGHT
7. G I R L (with Ken)

【MUCC】 1. ENDER ENDER
2. G.G
3. CLASSIC
4. KILLEЯ (with Ken)
5. ハイデ
6. Mr.Liar
7. 蘭鋳 (with 佑聖)
8. TONIGHT (with AKi / Ken)

【Ken with Naughty stars】
  1. high!
    Vocal : AKi, Duran, Ken
    Guitar : Duran, Ken
    Bass : AKi
    Drums : KENZO

  2. the Fourth Avenue Café
    Vocal : 怜, 逹瑯
    Guitar : Duran, Ken
    Bass : AKi
    Drums : KENZO

  3. Pretty girl
    Vocal : 怜, 逹瑯
    Guitar : Duran, Ken
    Bass : AKi
    Drums : KENZO

  4. PARTY ZOO
    Vocal : 逹瑯, 怜, AKi, Ken
    Guitar : Ken, ミヤ, 圭, Duran
    Bass : YUKKE, AKi
    Drums : KENZO
    and Naughty All Stars